ただいま受付停止中です(2022年11月29日現在)

黒が苦手なタイプの黒の取り入れ方

突然ですが、黒ってお好きですか?

パーソナルカラー診断で明るい色が得意なタイプの方から「黒はどう取り入れたらいいですか?」と、他の色以上に様々なタイミングでご質問いただきます。

高級感、威厳、存在感、シャープ、都会的・・・黒色から連想されるのはこんなイメージ。

 

 
フォーマルな場面と黒は切り離せないですし、色の中でもなんだか特別な存在感を放つ色だと思います。

黒が苦手な方が取り入れやすくなるテクニックとして、

「黒を細かく繰り返す」という方法をよくお伝えしています。

これは繰り返すことでリズムを作るレピテーションという方法。

繰り返しのリズムで調和感を与えるテクニックです。

例えばこんな4色。一見共通点がなくてまとまりのない4色ですが・・・

こんな風に繰り返すとリズムが生まれて、バランスが取れて見えてきませんか?

ポイントはこの「繰り返す」というところ。

服のコーディネートでは、このレピテーションの手法は同じ色を繰り返し使う事で統一感を出す=調和させる、という目的で使われています。

例えば柄の中に使われてる黒、ベルト、バッグ、パンプス、帽子、などなど・・・

小さな面積でも同じ色を繰り返す事で、全身の中でリズムが生まれてまとまりが出来ます!

インテリアでもおなじみですよね!

服が好きな方は無意識で取り入れている方も多そうです。

参考として、夏場にこういう帽子について「なんだか使いこなせません…」とよくご質問頂くのですが

この黒リボンだけが全身の中で目立っている時に、コーディネートが難しくなっているケースが多いです。

サマーの方や、スプリングの中でも明るいトーンが得意な方からよくご質問を頂きます💌

ぜひ、他のところで黒またはダークカラーを少しずつ取り入れて、バランスを調整してみてくださいね。

黒は素材によって墨っぽく浅い黒(リネン等)になって落ち着いた柔らかい印象に見えたり、艶やかな素材(カシミヤ100% など)で華やかで迫力のある雰囲気にもなりますが、今日は純粋に色としてのお話でご紹介してみました!

パーソナルカラー診断ではお顔の下にドレープ(色布)をあてて顔映りをチェックしていきますが、
あくまでチェックしてるのは顔映り。

自分の得意なゾーンや特徴を把握しておくのは大切なことですが、苦手でも取り入れたい色は工夫してぜひ着こなしましょう!

いつもは黒を着なくても、ある日突然「黒の気分」という日が訪れる事もあると思うので😉

私はよくあるので、私の話です!笑

パーソナルカラー診断は、初めての方、過去に他サロンで受けられて更に詳しく知りたい方のどちらのご相談も大歓迎です。

MEIBIのパーソナルカラー診断はこちら!

あわせて読みたい
パーソナルカラー診断 【パーソナルカラーとは?】 パーソナルカラー=外見の色素に調和した、肌や髪、瞳を美しく見せる色のことです。 色の調和とその効果については、もともとは20世紀の初...

ブログカテゴリー

アーカイブ

シェアはこちらからどうぞ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次