ただいま受付停止中です(2022年11月29日現在)

テイストスケールについて

MEIBIではテイストスケール法®︎に基づいたファッション分析「22テイストイメージ診断®︎」を用いて、パーソナルなファッションアドバイスを提供しています。

22テイストイメージ診断®︎(テイストスケール法)について

テイストスケール法に基づいた22テイストイメージ診断®︎では、お似合いになる配色イメージや柄の大きさ、素材や着こなし、イメージと調和するシルエットがわかります。

ご自身の「個性」「魅力」「生まれ持った雰囲気」にマッチしたファッションイメージがわかるため、イメージが大切になる、ありとあらゆる場面で使えるのが特徴です。

MEIBIではこの分析結果をもとに、あなたの「こうなりたい」「こう見せたい」「この色を着たい」「このアイテムを着てみたい」というような様々なご希望を取り入れながら、お似合いになるファッションスタイリング提案を提供しています。

決して1つの型にはめるのではなく「好きも似合うもおしゃれも全部叶えて」日々のファッションを楽しんでほしいと考え、アドバイスをお伝えしています。

分析そのものにお時間を頂戴するため、即日ではタイプをお伝えできませんが、お1人お1人の個性や魅力についてお伝えできるメソッドとして「MEIBIのコンセプトにマッチするのはこのサービスしかない!!」と感じており、導入を決めました。

テイストスケール法は、ファッションだけでなく、ヘアメイクやネイル、印象にマッチするインテリアコーディネートなど、色やデザインに関連するもの全てに応用ができます。

また、お顔の持つ「印象」をもとに分析いたしますので、対面でもオンラインでも同じようにサービス提供が可能です。

(※全てをオンラインで行うサービスは導入準備中です。2022/10)

テイストスケールはこんな方におすすめです

  • 自分に何が似合うのか迷ってしまっている方
  • 生まれ持った個性や魅力、持ち味を客観的に知りファッションに活かしたい方
  • ご自身が人に与える「印象」に興味のある方
  • 様々なファッション診断を受けて、結果が色々で取り入れ方に悩んでいる方
  • 自分の外見の個性を無難と感じてしまっている方
  • 芸能など人前に出る職業、その他セルフプロデュースが必要なすべての方

テイストスケールの始まりについて

テイストスケール法は、感性マーケティング研究所所長(故)佐藤邦夫氏により7万人の五感にもとづいた嗜好調査から導き出された手法です。

商品開発や店舗設計、環境設計などのマーケティングにおいて、人の感覚や感性といった形のないものをが「色の彩度・明度」によって表現できることを発見し、「市場にはない、需要のあるデザイン」を開発するために生み出されました。

色だけにとどまらず環境や形、素材、柄が人の感情にどのように作用するかなどの研究を深め、人間のもつ嗜好感性を22タイプに分類しています。

五感の感性を測るスケール=ものさしとしての価値が評価され、日米のノウハウ発明の特許が公認されました。

現在は、「人の個性(テイスト)」と「ファッションの個性(テイスト)」をマッチングするスタイリングの手法=22テイストイメージ診断®︎として、イメージコンサルティング・メガネ・ネイルアート・ブライダルなどのさまざまな分野で活用されています。

故・佐藤邦夫氏について……環境や、商品の色が、人にどのような感情をあたえるかを日本をはじめ世界で、調査、研究をされた色彩分野のエキスパートです。

※テイストスケール法Ⓡは日本、韓国及び中国における登録商標です。
第5389070号(日本) No.45-0040120(韓国) 第9746574号,第9746575号, 第9746576号(中国)

22テイストイメージ診断®︎分析方法について

「その人に何が似合うのか」といった結果を集め、多角的に確認してタイプを導き出すのが22テイストイメージ診断®︎の分析方法です。

骨格診断、顔のパーツを計測する方法などの、決まったチェック項目からタイプを導く手法とは分析方法そのものが大きく異なっています。

この時、唯一の根拠となるのがあなたの「お顔」です。

これはお顔の造りかたちのことではなく、お顔のもつ「印象」を分析のベースに用います。

そのため、対面・写真のみの分析でも同等のサービス提供が可能です。

似合うものたちの共通点を、専用スケール(日米特許)に基づいて分析していくことで、その共通点がもつ集合ポイントの先に該当するタイプを求めるのが最大の特徴です。

MEIBIでは22テイストイメージ診断®︎のタイプをベースに用いながら、外見的な個人差となる部分にパーソナルカラー診断、スタイルアップを叶える骨格診断の結果を融合して、よりパーソナルに寄り添ったファッションアドバイスをお伝えします。

テイストスケール診断の流れ(対面について)

※サービスの流れ、進呈用資料は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

STEP
予約受付
STEP
ご来店
STEP
テイストスケールに関する説明
STEP
ドレープ診断
STEP
写真撮影(自然な写真であれば提供データもOKです )
STEP
次回日程のご相談

ご予約確定時に予めご相談いただいてもOKです

STEP
詳細な分析を行います(2週間〜1ヶ月程度)

ご希望の方は任意のヒアリングシート、全身のスタイリング写真をお送りください。

STEP
再来店・結果説明

ファッションコンサルティング
お持ち込みアイテムや雑誌資料の解説など

テイストスケール診断の流れ(写真分析の場合)

STEP
予約受付
STEP
写真送付
STEP
詳細な分析を行います

詳細な分析を行います(2週間〜1ヶ月程度)

STEP
ご来店・結果説明

ファッションコンサルティング
お持ち込みアイテムや雑誌資料の解説など

対面ドレープ分析と写真分析のみの違い

対面ドレープ 分析ではリアルサイズの専用ドレープを用いるため、鏡の前のご自分とそのドレープを一緒に見ていただくことで、分析のベースとなる柄サイズや色彩の濃さ・強さについて、個性イメージの傾向をご一緒に体感していただきやすいのが特徴です。

アドバイザー側は対面ドレープ分析、写真分析ともに結果は変わりません。
それぞれに専用ツールや分析方法がございますので、ご希望にあわせてお選びくださいませ。

テイストスケール診断のお申し込み方法について

予約専用フォームにて、お申込みくださいませ。
2営業日以内に、折り返しこちらからご連絡させていただきます。

(お申し込み多数の場合は、実施までお時間をいただきウェイティングとさせていただきます。)

※テイストスケール法Ⓡは日本、韓国及び中国における登録商標です。
第5389070号(日本) No.45-0040120(韓国) 第9746574号,第9746575号, 第9746576号(中国)