ただいま受付停止中です(2022年11月29日現在)

日焼け止めの撥水性は大事なポイント。

簡単メイクの日々が続いているので、今朝は化粧下地にも使える日焼け止めで実験をしていました〜!

手の甲にいろいろな日焼け止めを厚めに出して、水を上からかけてみるだけの実験です。

どれくらい水を弾いたり摩擦に耐えられるかな??というマニアックな1人遊び笑

日焼け止めや化粧下地については、メイクレッスンでもよくご質問いただきます。

今の私は買い出しくらいしか外に出ていないので、ハードな日焼け止めは必要ありませんが、これから紫外線のピークの時期。

手持ちの日焼け止めの傾向を知っておくにはいいタイミングだと思いました!

ラインナップの一部をご紹介。

ケミカル系とナチュラルオーガニック系、両方あります。

日焼け止めは使い心地やクレンジングとの相性、継続して使った時の肌の様子が知りたい・・・と思うと、1度のサンプル使いでは私はあまりジャッジ出来ません。

今は数がこんな風に増えてしまいました。他にもまだあります〜〜

ちなみに、用途やライフスタイルによっての使い分けがポイントだと思うので、どれが一番良いか、という実験ではないです😉

クレンジング剤が不要なみずみずしいジェルタイプ(特に紫外線吸収剤フリーのもの)は、水道水で流すだけで一瞬で落ちてしまうものが多かったです。

軽く水で流すだけでもあっという間・・・ということは、汗や皮脂、軽い摩擦ですぐに崩れてしまいます。

「数時間ごとに塗り直さないと焼けてしまう」も納得!!

このタイプを使って日焼けをしっかり防ごうとすると、粉でがっちりフィックスする必要がありそう。

みずみずしさの良さが消えてしまうので、汗をかかない冬に使うのが一番良さそうです。

石鹸オフと言われている種類でも「油分」を含んだタイプにはしっかり撥水性がありましたー!

特別な高SPFにこだわらなくても、普通にメイクをしているのが一番焼けないよ〜〜と昔から言われているのはここが理由なんでしょうね。

ファンデーションって油ですもんね!!🤔

軽いジェルタイプのみずみずしい使い心地は捨てがたいですが、私は少し動くとすぐに汗をかくタイプなので、今の時期の簡単メイクでも撥水性のあるタイプを選びます〜!

ちなみに、ケミカル系のものは、肌をフラットに見せたりメイク下地の効果を強くうたっている日焼け止めは、肌の上でしっかりキープされていました。

自分が使っている日焼け止めがどんなタイプか気になる方は、是非こんな実験をしてみてください!

クレンジングする前に洗面台で試すと簡単です〜〜😄

※MEIBIのメイクレッスンはこちら!

あわせて読みたい
メイクレッスン MEIBIではリピーター様向けにメイクレッスンを行っております。 お問い合わせの段階で「今更こんなこと聞けなくて…」とメール頂くことも多いのですが、そういったご相談...

ブログカテゴリー

アーカイブ

シェアはこちらからどうぞ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次