ただいま受付停止中です(2022年11月29日現在)

「ブルーベース=色白肌」は誤解

MEIBI

最近よく「ブルーベース=色白ですか?」といったご質問をいただきます。

「色白ブルべ」って単語も頻繁にみかけるので、それが理由かなあと思います。

伺ってみると青白くて儚げなイメージで通っているワードのようです。

ですが実際は、

ブルベでも濃いトーンの肌の人はいっぱいいるよ!
イエベの色白もたくさんいるよ!

予想するには・・・

ブルーベース ⇒ 青そうだ ⇒ 青いってことは不健康? ⇒ 青白いんだ!!

こんな連想がされているに違いない・・・!と思っています 笑

ちなみに、色白でブルーベースの肌だと、ピンクっぽい肌を私は最初に連想します。

話は逸れますが、無料の自己診断で出てくる「黄み肌・赤み肌」にまつわる質問も、比較の問題なので1人で考えるのは難しいですよね。

この質問は、友達と5.6人で集まって比較し合うと、精度があがるかもしれません。

あと、定番で出てくる「すっぴんの状態で着たとき、グレーとキャメルどちらが顔色が良いか?」って質問。

自分の好みが入ってくるので、意外に答えづらい質問かと思うんですがどうでしょう。

これはドレープを当てると明確にわかります!

ご参考までにぜひ✨

MEIBIのパーソナルカラー診断はこちら!

あわせて読みたい
パーソナルカラー診断 【パーソナルカラーとは?】 パーソナルカラー=外見の色素に調和した、肌や髪、瞳を美しく見せる色のことです。 色の調和とその効果については、もともとは20世紀の初...

ブログカテゴリー

アーカイブ

シェアはこちらからどうぞ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次