ただいま受付停止中です(2022年11月29日現在)

【パーソナルカラー】ブラウンのアイシャドウ選びのコツ

カウンセリングで、日頃どんなアイシャドウの色をお使いですか?とお尋ねすると、

高い確率で上がるのが「ブラウン」。

お仕事でナチュラルな印象が必須の人が多いのかもしれません!

かくいう私も、日常ではやっぱりブラウン欠かせない党。

ただこのブラウン、パーソナルカラーで似合う色を見分けるのにちょっとコツがいります。

brown

この2色、店頭ではどちらも同じく「ブラウン」と表記されます〜

コスメがお好きな方は、どちらにするか店頭で悩まれたことのある方も多いんじゃないでしょうか。

左がイエローベース向きのブラウン、右がブルーベース向きのブラウンです。

この選び方がずれてしまうと、まぶた全体がくすんで見え顔色まで暗くみえてしてしまったり、
ナチュラルに馴染ませたはずのブラウンが、浮いて主張しすぎてしまったりするんです(つまり濃く見えちゃう)

並べて比較すると分かりやすいですが、単色で見分ける時に少しわかりづらいですよね。

見分け方のコツは、

イエローベース = コーヒー、キャラメル
ブルーベース = ココア、こしあん

記憶の目安でも色が探せるように、食べ物をイメージしてお伝えすることが多いのです。

この例えは、「わかりやすい!」とおっしゃって頂けるので個人的にとても気に入っています!

パレットで選ぶときはそれぞれこんなイメージに。

アイシャドウ

画像引用元:www.cosme.net

アイシャドウの役割は、まつ毛のカールで出来る影をもっと綺麗に見せる事。
まぶたの色+シャドウの色が自分のリアルの発色になるので、より自然な陰影が生まれる方を吟味したいですね。

さらに細かい4シーズンごとのニュアンスは、元々のお肌の色によってお一人ずつ異なってくるので
1度診断を受けられると選ぶ際のポイントが明確になるのでおすすめです。

MEIBIのパーソナルカラー診断はこちら!

あわせて読みたい
パーソナルカラー診断 【パーソナルカラーとは?】 パーソナルカラー=外見の色素に調和した、肌や髪、瞳を美しく見せる色のことです。 色の調和とその効果については、もともとは20世紀の初...

ブログカテゴリー

アーカイブ

シェアはこちらからどうぞ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次